読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脂肪燃焼団のおふとりさまですが相席よろしいですか?

脂肪燃焼団のメンバーが日々思ったこと、食べたものなど。

【感想】映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生はとんでもなく良かった。

 

shibonen.hateblo.jp

 

 ウソだよ。
ファミリーアニメの大定番・ドラえもんがBLアニメなわけないじゃん。
ちょっとみんなの興味を引きたかっただけだよ。
すげー良かったよ。
でも、他人が「すげー良かった!!」っていう感想は、読むとだいたいアツすぎて引いちゃうじゃん。
だから、遠回しに褒めていこうと思ってああいう記事を書いたんだけど、ダメだったね。


だって、



良いんだもん。新日本誕生。



どれくらい良かったかって?
そうだねえ。
餃子の王将」で、感想書こうと思って、思い出して、泣いちゃったくらいかな。
隣のおっさん、何かを察して、すぐ帰ったよ。ホント悪かったと思ってるよ。




■ 前作のかみ砕きぶりがカンペキ。
 
 日本誕生は、個人的にちょっと、評価しづらい。
場面場面は面白い。
家出だー!って勢い良く原始時代まで飛び出してしまう、というシチュエーションはとにかくワクワクする。
自分たちのパラダイスを作るまでの流れも好き。
ツチダマの怖さもハンパじゃなかった。
しかし、肝心かなめの「のび太遭難からのクライマックス~ラスト」は、ちょっとしっくりこない部分もある。
原因は、明らかにパワーバランスを逸脱したラスボス・ギガゾンビ。
藤子F先生の大長編ドラは本当に、本当に名作しかないんだけど、ラスボスのパワーバランスでたまにやらかしてしまう

一度目は「鉄人兵団」。二度目が「日本誕生」。


どちらも、幼稚園児~小学生だった自分が見ても「いや……まあ……」というクライマックスだった。
世間的には名作と言われる2作だけど、個人的には納得がいかなかった。

おそらく、新鉄人の寺本監督、今回の八鍬監督も、同じことを考えてくれたんだと思う。


寺本監督は「ザンダクロス(ジュド)に人格をもたせる」という大手術を行って、鉄人兵団の「(ネタバレ→)ドラえもんのび太がいない世界ですべてが終わってしまうあまりにも悲しいクライマックス」を描き直した。


八鍬監督は……「新鉄人兵団」ほどの大手術は行わず、内服薬だけで日本誕生の「しっくり来ない部分」を描き直した。


すばらしい。
もうなんか、本当にすばらしい。

しかも、「日本誕生」ファンなら「えっ、なんでそこ変えた」という「絶対に頭に引っかかる」すごく重要なポイントが、そのまま「新日本誕生」のカギを握る、という憎たらしいシナリオ。

そうか!!「そのシーン」は前作でも大事だったけど、今作ではそういう意味合いも載せちゃいますか!というね。


八鍬監督は「新大魔境」では、びっくりするくらい「そのまんま」リメイクしたけど、今回はびっくりするくらい「そのまんま」の部分と「おいおい、ぜんぜん違うぞ」の部分が共存している。
「そのまんま」の場面にも「ぜんぜん違うぞ」の場面にも、全てに意味があるし「ぜんぜん違うぞ、何変えてんだよ」というシーンは、終わってみれば、全くない。むしろ「よく変えてくれた」と思う場面ばかり。

そうそう。そういう物語も乗っけられるよね。っていう。

それが今回のキャッチコピー。

 

パパは、20世紀の「日本誕生」を見た。僕は、21世紀の「日本誕生」を見る。

 
に、美しく、さりげなく表現されていたと思う。
これは21世紀の日本誕生だ。確かにアップデートされている、と、旧作ファンも納得の出来。
まあ、僕はパパになれなかった分際で、21世紀の日本誕生を見たけども


僕の言いたいことは大体終わり。


■ シンエイ動画の本気×ゲストアニメーター・村木靖
 
 こんな素晴らしいロボットアニメは久しぶりに見たよ!!!!!

なんか、ツチダマの超能力描写~22世紀石槍の応戦あたりから「どうもロボットアニメっぽい画面の作り方、見得の切り方するなあ」とは思ってたんだけど、


エンディングロールを観て納得。村木靖さんじゃないですか!!


そうだよ!!ドラえもんはロボットアニメだよ!!!!
そして、けして忘れてはいけない!
シンエイ動画は本気出せばロボアニメなんか余裕なんだよ!!!
若手の頃から「超電導カンタム・ロボ」で鍛えられてんだよ!!!!!

京都アニメーション?トリガー?プロダクションIG
いやいや、シンエイ動画の映画チームの強さをナメちゃいけない。
今回は冒頭のククルのシーン、荒れ狂うバイソン、はしゃぐハムスター、VSツチダマ、VSギガゾンビ、等々、ここに書けない見せ場も多くあり、そのすべての作画がもう抜群。
ヨダレがでるくらい堪能させていただきました。
ただ単にアニメーションのファンとしても、十分観られる。
だんだん希少になってきた2Dだけのロボット描写も、さすがビッグタイトル。
ドラえもんならたっぷり魅せてもらえます。


■ あとここからはネタバレ。




















 「新」シリーズはやっぱり、「しっかり帰ってきて」終わるんだね。
いいと思います。これ、スゴくいい。