読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脂肪燃焼団のおふとりさまですが相席よろしいですか?

脂肪燃焼団のメンバーが日々思ったこと、食べたものなど。

特撮音楽倉庫、ありがとうございました!!感謝とセットリスト解説。

 日曜は #特撮音楽倉庫 No.18 拡大版! 〜新大久保unique LABORATORYでみんなと握手!!〜 にゲスト出演させて頂きました。
 右も左も分からないユニラボでしたが、音出しから丁寧に特撮音楽倉庫のメンバーの皆さまにサポート頂き、充実した時間を過ごすことができました。終わってみれば……80人はいらっしゃったんですか??とんでもないイベントに参加させて頂きました。
特撮オンリーという、それほど間口の広くないなか、これだけ多くの方が訪れるのはやはり過去3年間の積み重ねあってのことと思います。末席に加えて頂き、本当に嬉しく思いました。


 フロアの反応も最高に良かったですね。
隅から隅まで見てやろう、貪欲に楽しんでやろう、という意識がスゴイ。
僕らは、日頃から他のプレイヤーさんよりもズルいズルいと言われる事が多い仕掛けが多いんですが、その張り巡らせた仕掛け一つ一つにお気づきいただいて、やり甲斐があるなあ、って感じました。素晴らしいお客さんに恵まれました。


 

でも事細かに実況しすぎィ!!!www


 東京の現場に出ると2度と同じ出し物ができないな!
特撮音楽倉庫さんを皮切りに、このセトリで1年くらいドサ回りができると思っていたのに(オファー待ってます☆)……!w


 でも、ツイッター実況は大賛成ですよ。
みなさんのようにバンバン感想書いて、DJさんの手の内どんどん明かしていけば、DJさんはさらにさらに新しいこと考えたり、挑戦しますからね。
こうして、沢山のお客さんがアツいエールを送ることによって東京のアニクラは磨かれていくんだろうなあ、と痛感しました。


じゃ、今回は観念してセットリストあげますね。


♪ 出囃子(海賊旗を上げろ!)

 山梨静岡ではお馴染みとは思いますが、僕らは出囃子からです。
グルーヴ感を大切にするなら、燃焼団です。はじめます。→1曲目、でもイイんですが、それでもあえて「冒頭MC→40秒の出囃子」から持ち時間を始めるのは、僕ら2人が大好きな、スーパーヒーロー魂ライブ、スーパー戦隊魂ライブへのオマージュです。
ショッカーさんが喋って、バンドが出囃子を鳴らし、一瞬の静寂ののち、ささきいさおさんが、串田アキラさんが出てくる。

あのZeppの昂揚感を再現したくて、そういう構成にしています。

決して、のっけからひとボケぶっ込みたいわけではありません


 その出囃子ですが、今回、2フロアの行き来をしていた人はお気づきでしょう。
なんと、前の時間を担当しましたアユミデさんも「海賊旗を上げろ!」から始めるじゃないですか。2フロア・ニッチジャンルだから、出しモノはある程度カブるとは思いましたが、出囃子がカブるなんてことありますかね。同門の落語家さんでもなかなかないですよ。
僕らも2年前から「海賊旗を上げろ!」でやってるんで、勘弁して下さい!すみません!と知らんぷりでやらせて頂きました。フロアが違うのでノーカウントということで。
 終わってみればアユミデさんとはその後も何曲かかぶってしまったようですが、僕は出番40分前から偶然、持病の突発性難聴になりましたのでわかりません。フロアが違うのでノーカウントということで。


♪ Life is SHOWTIME~Regret Nothing~Supernova

 

 選曲につきまして。
お初にお目にかかりますので、まずはとにかく元気な音楽を。鳴瀬シュウヘイ楽曲で固めます。
キバは主題歌・挿入歌すべてにおいてハズレなしなので悩みましたが、僕らの所属する静岡の特撮/SFイベント「KSGK」のアンセム・Supernovaを選ばせていただきました。



♪ Rise up your flag~JUST LIVE MORE~呀~Tusk of Darkness~~牙狼~SAVIOR IN THE DARK~


 疾走感あふれる序盤の3曲のような流れ、このあたりの組み立てって、プレイしている本人は楽しいですが、常連のみなさまには「それ、8月の安本精肉さんもやってたぞ」と思われることでしょう。同じ作曲家で固めると、聴きやすいけど個性が出しづらい。
そこで「とある」SEをぶっこんでチェンジペース。鎧武・牙狼と和モノの流れへ。僕らの個性を出していきます。
このあたりからまさにTusk of Darkness=「暗黒の爪痕」を残します。


 正直、この「1発目の仕掛け」あたりでお客さん全員顔面バーニングゴジラになるかもしれないという覚悟はしてました。
 しかし、あの反則レベルの「ぶっ込み」も好意的に受け止めてくださいまして、感謝しています。
優しいな!と思っていましたが、その後のゆーだいさんのお時間で「デカレンジャーソーセージのテーマ」にも大喝采が。
なるほど、今までのレギュラーのみなさんと、常連のみなさん同士の信頼関係、ぶっ込みの積み重ねがあったんですね。納得でした。

Rise up your flagの導入が通ったから、ここから先のことはみんな許してくれそうだな!という確信を得て、中盤へ。


♪ シージェッター海斗琉神マブヤー~海の声~英雄~フュージョンファイト~メビウス~マックス~



 遠藤正明さんの「牙狼」独唱からシージェッター。ご当地ヒーローへ。
脂肪燃焼団が特撮の現場で得意とする三本の矢。
「ご当地」「がっかり実写化邦画」「日テレ土曜9時」のうちの一の矢をここで打ち込みます。
マブヤー(沖縄)から「海の声」。BEGINが聴ける特撮音楽イベントっていうね。

 海の声から「正しくない英雄」でおなじみの英雄。ウルトラメドレーへ。

「海の声」と「英雄」がかかっている、というのは静岡でもやったネタです。
前回このくだりはあえて説明したりせず、シレッと、気づく人だけ気づけばいい、という風に盛り込んでいました。
しかし、先月のきらわんパーティの際に、お客さんから「面白いことをやっているようだけど半分もわからない」というご指摘がありましたので、今回はもっと堂々と、あからさまにボケてみました。おかげで反応も良かったですね。やっぱりお客さんの声ってありがたい。
 あ、もちろん沖縄ミュージックからウルトラマンに行くってのは、ネタでもあり、特撮に対するリスペクトでもあります。よくわからない、って人はググってみてね。また一味違う、ビターな特撮の味わいに出会えるかと。


 のちのDJさんの「オーブ」への前フリということで「フュージョンファイト」を盛り込んでみました。しかし、なかなか主題歌がかからなくて……w 今日オーブ関連これだけ?だったら自分がオーブやればよかったかなあ??とドキドキしてました。パラノイアさん、ありがとうございました。あと打ち上げ行けなくて本当ゴメンなさい。


 

♪ Out of control~Emotions~虹を待つ人



 脂肪燃焼団が特撮の現場で得意とする三本の矢「ご当地」「がっかり実写化邦画」「日テレ土曜9時」のうちの二の矢をここで。今回は最後の一本の矢を使う機会がなかったのが残念でした。というか、二の矢の時点で誰も待っていなかったのは肌で感じましたw
 マッドマックス含めカルト映画を3連発で。後半2本は鈴木亮平つなぎ。今度ルパンの実写にも挑戦するらしいですね。イイぞぉ!捗るぞぉ!



♪ ガッチャ☆ゴセイジャー~We are the one~僕らはひとつ~~海賊戦隊ゴーカイジャー動物戦隊ジュウオウジャーみんな集まれ!キョウリュウジャー~烈車戦隊トッキュウジャー


 最後は戦隊です。
ここはあまり気づかれなかったから自白しますけどガッチャマン」~「ガッチャ☆ゴセイジャー」なんですよ。ダジャレ。気づいてくださいよ。脂肪燃焼団の構成にスキはないですよ。

 お客さんのブログでご指摘ありました通り、なるべく身体を動かせるエンディングを優先しました。僕らの意図から何からほんとによく聴いてくださっている…w 嬉しいですね。
We are the oneの振り付けは本編とはぜんぜん違う、ライブ会場でお客さんがお約束でやるものをあえてやっていました。これも分かっちゃうんだよねフロアのみなさんが~~~。まさに「気分は最高ぉ~♪」ってヤツでした。
ゴーカイもジュウオウも絶対カブると思っていましたが、僕らのは2,000回バージョンだった、ということでご容赦ください。

 過去、特音に遊びに行っている経験から、EDのレッツ!ジュウオウダンスは、VJのえりりんさんが絶対にわくわく動物ランドの「見立て」でボケてくることは分かっていました。
 そこで、僕らも、OPの方で同じように「見立て」ボケをかましてみました。特音のフロアなら許してくれるよな、という信頼を込めたコラボレーションのつもりです。
静岡はクソガキの主催、あず君からも「サイでやられた!」とコメント頂きました。そうだよね。そもそもサイはズルいよね。並び的には「グリーンライノ」じゃなきゃおかしいんですよ。何でお前だけ日本語やねんと。


キョウリュウジャーのEDは、もはや静岡のきらわんではおなじみになりました、脂肪燃焼団のお家芸です。最後は大好きなトッキュウで〆。


 ニッチジャンルの縛りイベントだから、集まるだけでなんとなく「仲間」になれちゃって、評価も甘くなりやすいとは思います。それでも本当に今回、初対面である僕らのことを暖かく受け入れていただきました。山梨という、スーパー戦隊シリーズですら7日遅れ、しかも朝の5時半から放送される特撮砂漠からやってきた僕らを一員にしていただいて、本当に嬉しかった。
DJに取り組んでからの、最高の思い出の一つになりました。


 本当に幼稚園の頃だから、ハッキリ思い出せないんですが、僕、実家に住めなかった時期があるんですよね。理由?理由は何でだったろう。特撮にありがちな、あまりにも凄惨な記憶すぎて、脳が無意識に思い出すことを拒否しているパターンです。
 知らない街への予期せぬ引っ越しで、友だちもなく、ずいぶん長いことひとりで過ごしていました。
そんなときに、擦り切れるほど見ていたのがスーパー戦隊ウルトラマン
ウルトラマンはピンチになるといつも兄弟が助けに来てくれるし、ターボレンジャーは「♪5人の中に君がいる」と歌ってくれました。
 子どもの頃の、辛くてさみしい期間を支えてくれた彼らが、25年の時を経て、また、ステキな仲間にめぐり合わせてくれました。

気づけばもうすぐ「♪ノッさんはオッサン」と、メンバーからイジられるキョウリュウブルーより年上になっちゃうんですよ。
でも、ユニラボを経て「それでも、いつまでも好きなんだろうな」という思いに今は浸っています。やっぱり、特撮はイイよ。特撮は。


 共演者の皆様、バックアップの皆様、そして、ユニラボに集まってくれたおおきなおともだちのみなさん、本当にありがとうございました。
また静岡のクソガキで、ユニラボで、Zeppで、Gロッソでお会いしましょう!