読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脂肪燃焼団のおふとりさまですが相席よろしいですか?

脂肪燃焼団のメンバーが日々思ったこと、食べたものなど。

きらわん文化祭 感想【なず編】

きらわん文化祭を終えて。


来場のお客様、出演者の皆様、きらわんスタッフの皆様、山梨から遠征してくれたしぼねんズ…
そして、今回の大成功に終わった“きらわん文化祭”を主催したネコビート君!!!

本当にありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!
ツイッターでの感想や写真、動画は★が1回しか押せないのが憎いぐらい…
どれだけ伝えても伝えきれないぐらいの感謝の気持ちでいっぱいですっ。幸せです。
また、ぜひ、きらわんで皆様と一緒に楽しめたら嬉しいと思う、脂肪燃焼団(なず)です。

 

はじまりの日(4月某日)
とあるイベントで、その日1番の笑いをとって(←ヘロウ注:個人の感想です)、

ニヤニヤとほくそ笑んでた脂肪燃焼団(←ヘロウ注:コレは事実です。ほくそ笑んではいました。)の元に影が...。

それが今回の主催者のネコビートでした。
「燃焼団~、こいよっ」と対面をけしかけられた。笑
その日はネコビート君も出演者で燃焼団のあとに出番だったので、なにか打ち合わせとかで呼ばれたのかとだらしないニヤニヤした顔で対面。
1分後に、冷水で〆られるつけ麺の麺のように引き締まった顔になるのだった。

ネコビート「9/19のきらわん文化祭への出演を依頼したい。」

  !? …!? 誰をどこに? !!!?!?

その時、すでに文化祭が行われることは発表されていて知っていました。
しかも、我らが憧れてやまない《アニソンディスコ》から主催のBANBANBANさんが出演するという発表。

(アニソンディスコさんへの思いはヘロウの記事を参照)

shibonen.hateblo.jp

 

shibonen.hateblo.jp

 

その きらわん文化祭 に僕ら脂肪燃焼団を呼びたい??? 出演?
いやいやいや。嘘、うそ、USOwww ドッキリ?ドッキリでしょ~。
もうやめてよー。え?本当なの…?ガチで?!


ガチだったんですね~。いや、ガチでした?

まだなんだか夢だったんじゃないかと思ってるんですけど…
今、足が死ぬほど痛いんでコレは夢じゃないんですよね。


その日から痩せる思いで準備をはじめました。
(実際は思いだけで、100gも痩せませんでしたし、なんなら仕事で健康診断受けたら「5年後にあなたの肝臓はヤバイ事になります。」とか言われる始末。まぁ、ソレについてはいつかどうにかします。)

 

実は文化祭にBANBANBANさんが出演することが発表になった時、お2人へのエールと静岡勢にアニソンディスコの楽しさを知ってほしい。と思いたって「よしっ。アニソンディスコってこんなに面白いんだよ!!!って紹介できるようなセトリを考えて部活動に申請しよう(アホ面) 」という浅はかな事を考え、アホ面引っさげて勢いで鮫島さんに「きらわんでアニソンディスコの紹介みたいな事やりたいんですけどイイですか?」なんて報告なんかしちゃったりなんかしたんですね。

(とんでもない厄介ですね)

それが、自分たちにオファーをもらって、まさかBANBANBANさんと同じステージに立つってことになったらもう…。もう…ッ!!!!!

そんなもん頭が沸騰してMADMAXを4回も見に行きますわ。
MADMAX見て更に頭沸かして、でもオファーをもらったからには全力で真剣に戦おう。と思って、仕事を辞め(9割以上が私情)、ご無沙汰だったきらわんに行き、士気を高めようと思ったんです。思ったのに…。


→ステージで散髪パフォーマンスをみせられる。


なんなんだよ!!!
もう意味わかんねーよ!!!
やってらんねーよっ!ルールとか常識とか一切無視かよ!!!
戦い方がわかんねーよおおおおおお!
結果、むしろ行かないほうが良かったんじゃないかと思うレベルで衝撃をウケて、あわや帰り道ヘロウさんと心中しようかと思った。
それからと言うもの、どうやってステージで綺麗に死ぬかばかりを考える日々だったけど、死んだら次がないし面白くないからやっぱり生きよう!ってことになってほぼ毎日0時ぐらいまで、会議につぐ会議。
一瞬「あれ?私、業界で働いてるのかな?」って思うぐらい毎日、毎日、アニメのこと、アニソンのこと、舞台づくりのこと、どうしたらあの広いステージで2人でお客さん、出演者さんを「アッ!」っと言わせられるかを考えた。


ヘロウさんが山梨、私が東京、かつ私はヘロウさんに比べて圧倒的にアニソンの知識に劣るので、いつも本番を想定してヘロウさんにMIXを作ってもらって聞く。
それを「コレだっ!」と2人で納得するまでいくつも、いくつも作りなおす。曲が決まらないと映像が作れないので前日は徹夜ってことは結構ある。
今回も10以上は作った。今までの試作は持ってるだけで150ある。宝物。
脂肪燃焼団は一般的なアニクラDJ界隈とはDJ、VJ、構成、ステージの使い方が全然ちがう。コンビだし、なのに私にいたっては現場でDJブースにすら入らない事もある。

だからなのか、だからなんなのかわからないけど、集団リンチに遭ったかのような経験をしたり、暗闇で鈍器で殴られるような経験をしたりした。今でもまだ思い出すと吐き気がする。
その度ヘロウさんをサンドバックの如く叩きのめしたり、隣近所から苦情がくるレベルで暴れて、泣いて次の日声が出なくなったり、いろんなダメージがあった。
もうヘロウさん1人でやればイイのに。とか、うちらがいなくたってアニクラの世界はまわってくんだからもうイイよ。とか、後ろ向きになったりした。
でも、ステージに立つ存在としていつでも明るくいなきゃと思って、そう思うことで更に押しつぶされて、なんで楽しもう!楽しんでもらおう!ってことを考えてるのにこんなにツライ思いをしなきゃいけないんだろう。って思って本当に辛くて辛くてこの遊びが嫌になったこともあった。何度も、何度も、辞めよう。今度こそ引退しようって思った。

でもそう思ってても、ステージにたって自分たちの時間をやり遂げて外で灰になってる時、「脂肪燃焼団さんですよね?ステージ見たんですけどすっごく楽しかったです!!!ファンです!」って言われたときや、家に帰ってツイッターを見て「脂肪燃焼団のDJすげぇwww」「最高だった!」って感想を見たとき…
『あー、今回も頑張ってよかった。途中であきらめないでよかった。今日楽しんでくれたお客さんとまた一緒に楽しめたらイイなぁ。また呼んでもらえるように頑張ろう!』ってイベントのたびに最高の思い出が増えていくからまたステージに立ちたくなる、お客さんに会いたくなる。だからまた頑張れる。次はもっと楽しんでもらえるように。

 

そうしてがむしゃらに頑張ってたら、今回100人以上のお客さんの前でパフォーマンス出来る機会をネコビート君からいただけました。

それも(※勝手に)心の師匠として尊敬するBANBANBANさんと一緒に!!!
鮫島さんがDatabaseでステージに上がってくれて(私は出来損ないのフュリオサを帰すために残念ながら一緒にはしゃげなかったけども!悔やまれる!!!)

フリーザ様が拝啓、ツラツストラでステージに上がってくれて!!
ボソっとTwitterで作ってほしいとつぶやいたツインギターは、音もでるという思ってたよりも素晴らしいモノを作ってもらえて

山梨からはいつも応援してくれるしぼねんズが遠征してくれて

しぼねんT着てくれてるお客さんがいっぱいいて、スクランブルではフロアーでお客さんとぐるぐる回れて

本当にこんなに幸せだと思ったことはないです。本当に楽しかった!
2人で続けててよかった。頑張ってきてよかった。2人でやるスタイルに誇りと自信をもってこれからも新しいことに挑戦して「アッ!」っと言わせれるように続けたいと思う。

 

これからもよろしくお願いしますっ!!!!!!!!!

 

きらわん文化祭、お疲れ様でした。

素晴らしい思い出をありがとうございました!!!!!!!!!